歴史的遺跡



水道橋

phoca_thumb_m_acueductoalatardecer
水道橋

水道橋はローマ帝国時代に残された数ある遺跡の中でも最も素晴らしい建造物の一つである。山脈からセゴビアまで水を運ぶために建設されたこの橋は、町の紋章のシンボルとなっている。建設時期は1世紀中ごろと思われるが、正確な年代は不明で、悪魔によって建設されたという説もある。スペインの土木工学的にトップクラスの建築物に相違ないこの水道橋は、実際に19世紀までセゴビアの町に水を届けていた。

長い間ほとんど修理・修復を必要としなかったが、唯一1072年にイスラム教徒(トレドのAL-MAMUN)がセゴビアを襲撃した時、36のアーチがダメージを受けた。これらのアーチは15世紀に入りPARRALの修道士、フアン・デ・エスコベドにより修復された。

壁がん(壁のくぼみ)には異教徒の神を守るための像などが置かれていたが、スペイン国王の時代に入ってからはそれらの神像は聖セバスティアンや聖母像などに置き換えられた。また、その壁がんの下にはブロンズ文字で水道橋にまつわる伝説が刻まれていたが、年月とともに消滅していき、今現在は碑文の後しか残っていない。

その他のデータ

グアダラマ山脈の麗から始まる水道橋は全長14965m、計166のアーチがある。一番高い箇所は28.1mに達する。グアダラマの御影石を、セメント等を一切使わず力の均衡のみで組み合わせて建てられた。水は橋上部にある水路を通り、舗装された敷石の下を通りながら町を横断し、アルカサルにまで届く。1884年に国家遺産に指定され、1985年に世界遺産に登録された。

Azoguejo 40001

Segovia

大聖堂

phoca_thumb_m_11-catedral de segovia
大聖堂

正式名称は”NUESTRA SEÑORA DE LA ASUNCIÓN Y DE SAN FRUTOS”。後期ゴシック様式のこの大聖堂は、セゴビア市民の協力を受け1525年にGIL DE HONTAÑON家の建築家たちの監修のもと建設され、1768年に聖別された。1520年カルロス1世に対するCASTILLA市民の反乱により破壊された、元はALCÁZARの庭にあった大聖堂がその名の由来である。

 

西側には「許しの門」として知られる主要外壁がある。この門にはJUAN GUAS作の聖母の彫刻がある。その門に並んで”ENLOSADO”と呼ばれる文化活動に使われているスペースがある。

大聖堂の塔は見どころの1つだ。20世紀中ごろまで鐘つきが暮らしていた塔の中の居住スペースには、セゴビアの絶景を一望できる見晴台がある。南側にはセゴビア最初の司教の名が由来であるSAN GEROTEO門があり、北側には17世紀初期にセゴビアの守護聖人のSAN FRUTOSに敬意を表して名誉を讃えるために建築されたSAN FRUTOS門が立つ。

建物は廊下でつながる3つの教会堂からなっており、17世紀にPEDRO DE BRIZUELAが設計した丸屋根に覆われている。正面には半円形のアブス* があり、小聖堂に囲まれている。

美しい14世紀のステンドグラス、祭壇上の聖歌隊席、以前の大聖堂から引き継いだゴシック時代の儀式用の椅子、18世紀のバロックオルガンが目を引くほか、新古典様式の内陣にはSAN FRUTOSの遺骨の入った壺が置かれている。

大聖堂には18の小聖堂があり、SACRAMENTO小聖堂入口にはローマ時代の「十字架の道」が飾られている。SANTO ENTIERRO小聖堂にはJUAN DE JUNI作「悲しみの祭壇」、GREGORIO FERNÁNDEZの彫刻「横たわるキリスト」がある。

 *アプスまたはアプシスとも。ゴシック様式の教会に見られる祭壇奥の壁が半円形または多角形にくぼんでいところ。

 Plaza Mayor s/n

40001 Segovia

Tel. (+34) 921 462 205
Fax. (+34) 921 460 694

開館時間

10月-3月: 9:30-17:30  

4月-9月: 9:30-18:30

入場料

一般: 3€ 

20人以上の団体: 2€ 

日曜日 9:30-13:15: 無料

 

アルカサル

phoca_thumb_m_12-alcazar de  segovia vista panoramica
アルカサル

カスティーリャ平原と山脈の黄土色と青色を背にするアルカサルは、まるでエレスマ川とクラモレス川の合流地点に浮かぶ大型船のようである。その前には手入れの行き届いた庭があり、中央にはセゴビアの彫刻家ANICETO MARINAS作の独立戦争の英雄DAOIZとVELARDEの碑がある。その左側には啓蒙運動時代に建設された、LOUIS PROUST研究センターでもあるCASA DE QUIMICA(化学の家)がある。


深い堀にはつり上げ橋がかけられており、ケルト時代から人が住んでいたと考えられる砦へと続いている。ローマ時代の砦の遺跡上に建てられた城は6世紀のアルフォンソ6世から16世紀のフェリペ2世の時代まで相次いで改築され、13世紀に王宮となった。


ゴシック建築様式が取り入れられたのはフアン2世とフェリペ4世の時代である。
18世紀には国立刑務所となり、1764年に王立砲術学校となった。1862年の大火事により全焼に近いダメージを受けたが、その修復は途切れることなく続き、1882年アルフォンソ7世が王位についた際に大規模な立て直しが始まった。現在、建物内の大半部分が入室可能で、スペインの砲兵隊やスペイン軍隊の歴史を収める資料室もある。


建物北側にはアルフォンソ10世エル・サビオが天体観測をしていた小塔と、高さ80mにも及ぶフアン2世の塔がある。後者の塔はさらに12に小塔で飾られており、訪れたものはそこから町の美しい景色を望める。ユダヤ教徒の墓地にある松林、ベラ・クルス教会、サン・マルコス地区やサマラマラ地区、大聖堂建築に使われた石の採石場が見られる。


アルカサルの内部には定期的にコンサート等が開かれるPATIO DE ARMASおよびPATIO DEL RELOJがあり、その周りにはSALA DE AJIMECES, SALA DE LA CHIMENEAといった美しい部屋が数多くある。SALA DE REYESには六角形とひし形の壁やムデハル様式の天井、またDON PELAYOからJUANA DE LA LOCAまでの国王および女王計52体の座像が見られる。

Plaza de la Reina Victoria Eugenia s/n
40003 Segovia

Tel. (+34) 921 460 759 - (+34) 921 460 452
Fax. (+34) 921 460 755

www.alcazardesegovia.com
This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it
This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it

開館時間

4月-9月(夏季): 10:00-19:00  
10月-3月(冬季): 10:00-18:00 
10月金・土曜日: 10:00-19:00

入場料

一般: 5 € 
学生・65歳以上: 3 € 
フアン2世の塔:2 € 
ガイド付き:プラス1 €                             
セゴビア市民: 1 € 
第三火曜日: 無料 
団体でお越しの際は予約が必要です。



カサ・デ・ラ・モネダ(造幣局)

Segovia Mint

工業建築の代表例。1583年にフェリペ二世により創設され、フアン・デ・エッレラが設計し、建築を指揮した。当時の先進技術による十四の水車を動力として鋳造する、スペイン初の機械化された造幣局である。

インフォメーション:

www.casamonedasegovia.com

 

 

 

phoca_thumb_m_37-torreon de arias davila

アス・ダヴィラの塔

15世紀。アリアス・ダヴィラ家の大邸宅、ズグッラフィート(掻き絵)で様々なモチーフが描かれた塔がある。内装は当時のものがそのまま保存されている。今現在は経済大蔵省事務所として使われている。

 






 砲兵隊アカデミー(旧サンフランシスコ修道院)

phoca_thumb_m_38-academia de artilleria-claustro

15世紀から19世紀。旧ベニト教会跡に建てられており、イサベル二世時代の回廊が残されている。1862年に王立砲兵隊学校になった。

 

 

 

 



phoca_thumb_m_39-cementerio judio-panoramica desde la juderia

 ユダヤ人墓地

ゴビアに居住していたユダヤ教徒の墓地。エル・ピナリリョの名で知られる松林のある丘にある。類人猿の墓とみられるものや岩に彫った霊安室がある。