SpanishEnglish

French

Italian

German

Japanese

Chinese

Portugués

  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
  • Segovia
Home»セゴビア

セゴビア

セゴビアは標高1000mを超える石炭質の岩盤の上に建設されたceltiberos(ケルト民族とイベリア元民族)時代からの古い歴史を持つ都市である。カスティーリャの青空を背にそびえるそのシルエットは、エレスマ川とクラモレス川の合流する地点に停泊する巨大な船に例えられる。

segovia2
サマラマラ地区から見たセゴビア

セゴビアの起源はいまだ謎に包まれているが、はっきり分かっているのはローマ時代以前から人々が暮らしていたということである。水道橋の建設を以て、ローマ帝国はその消えがたい足跡を古代に残したのである。1088年に再び住民が増え、織物工業と毛織物の商業活動は町を発展させ、次第に二つの顔を見せてきた:城壁に囲まれた城内に居住する貴族階級とキリスト教聖職者、そして、エレスマ川とクラモレス川の川岸、つまり町の城外で生産活動や商業に従事する一般市民である。

12世紀から17世紀の間、町の繁栄に伴って教会、大邸宅、修道院など、今日私たち魅了する建造物が建設された。

後の経済衰退と共に大半の芸術活動は失速してしまうが、歴史的建造物を保存するという意識が芽生える転機ともなった。19世紀最後の10年間、セゴビアは貴重な遺産を修復、復元し、訪れる観光客を魅了している。

1884年、王室からの決定で水道橋が国家芸術遺産に指定され、年月とともに他の歴史的建築物も評価されていき、1985年セゴビアはユネスコ世界遺産都市に指定されたのである。

豊かな芸術、モニュメント、透き通る日の光、町を包み込む木々と空気で知られるセゴビアは、まさに乾いた黄土平原カスティーリャのオアシスなのである。

phoca_thumb_l_segovia
セゴビア

 

 

 















Leave your comment:


Security code
Refresh

Banner
Banner
Banner
Banner
Banner
Banner
Banner
Banner
Banner
Banner
Banner
Banner
Banner
Banner
Banner
Banner
Banner